0120-224470

24時間365日 ご相談・お見積り無料

動物愛護

犬や猫のマイクロチップ装着が義務化されました

令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫についてマイクロチップの装着が義務化されました。

ブリーダーやペットショップ等で購入した犬や猫にはマイクロチップが装着されており飼い主になる際には自身の情報に変更する登録が必要となり、他者から犬や猫を譲り受けて自身でマイクロチップを装着した場合には、飼い主の情報の登録が必要になります。

犬と猫のマイクロチップ登録情報

マイクロチップ

マイクロチップ装着により迷子や災害など「もしも」のときの備えになります。

犬や猫が迷子になったり地震等の災害や事故等で離ればなれになったりしても、飼い主のもとへ戻る確率が高まります。
さらに保護されたときはマイクロチップを専用リーダーで読み取ることでデータベースから飼い主の情報がわかります。

捨てられたりなど不幸な動物を減らすためにマイクロチップを装着しましょう。

マイクロチップ

-動物愛護
-,

© 2022 探偵を千葉県千葉市で選ぶなら総合探偵社ガルエージェンシー千葉駅前へ